上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、大根の食べ方が決定しました。

1本まるまる煮込んでやろうということになりまして。
ぶり大根を頭に浮かべたのですが、ぶりを購入するのが面倒くさかったので
冷蔵庫にあった挽肉にて代用する。

まずはだ。

米を炊くと同時に鍋に水を張り、昆布と煮干を投入。
米が炊き上がり、大根をバサバサと鍋へ。
しばらくし、沸騰直前に昆布と煮干を取り出し私の胃へ投入。
その代わりといってはなんですが、挽肉とかつお節を鍋へ投入。
酒、砂糖、塩、醤油、トウバンジャンをササ~とふりかけたら、ふたをして圧力をかける。

そうです、この鍋は圧力鍋ってすんぽうでさぁ。
つまり、時間の短縮ができるのですね、ハイ。

そうして。

今こうして書き込んでいるのだ。
そうです、ご飯はまだ食べてないのである。

そろそろもう一度煮ようか、それとも食事にすべきか。
むむぅ。

悩みどころである。

ガソリンスタンド
スポンサーサイト
2009.02.10 新鮮野菜
先週半ばくらいに実家から野菜が送られてきました。

すべて家の畑で取れた無農薬だそうだ。
これが実にうまい。
キャベツや白菜はそれだけで味噌汁をうまくしてくれる。

さらに、かなり長持ちがすることが判明。
送られてきた野菜たちを食す前に、今まで冷蔵庫に居た野菜たちを
食べきらなければならず、それらに手を着けたのは日曜あたり。

特に白菜。
1週間弱が過ぎようとしているこの白菜は、近所に並んでいるそれよりも
はるかにつやつやと張りがあるのだ。

しかも、かあちゃんから聞いたところによると。
収穫後に土の中に埋めて保存していたものらしい。

先人の知恵とはたいしたものである。


野菜は体のために食べるもので、肉や魚ほどうまいと感じたことはそれほどない。
こんなに感動した野菜は始めてである。

実家の無農薬ということもあるかもしれないが、
単純に歳をとったという可能性もなきにしもあらず。

そして、いまだに手を着けていないダイコン1本半をどう食すかが当面の課題である。

トイレ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。