上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.15 水とひじき
みなさんこんばんわ。

新しい年となりどのようにお過ごしでしょうか?
及び、皆様がお正月をどのようにお過ごしだったかは、
私にはさほど重要な事柄ではありません。

さて、今回はひじきのお話。

先日、ボウルに水とひじきを入れて戻していたところ、
テレビに夢中になりほったらかしてしまいました。
仕様書(ひじきの袋)には「約30分くらい水で戻す」と
記載されていたのですが、テレビ夢中病のためにその約束を破り
かれこれ3~4時間の間ひじきは戻されていました。
結果、私の経験したことのない太さにびっくり。
例えるならば(注:イメージ)
水とひじき

α:戻されたひじき
Β:糸ミミズ(釣りに良く使うヤツ)
γ:ジゲンタバコ(Βではわからない方がいると思うので)

ご覧のように糸ミミズやジゲンタバコと張り合う大きさになりました。

ああ、せっかく水分と出会い干からびた姿から瑞々しい体へと、
まるで蛹から生まれ来る蝶のように華麗に変貌を遂げるはずだったのに。
私のテレビ夢中病により、瑞々しいを通り越してぶよぶよしい姿に
なるなんて。ごめんねぶよぶよひじきくん。


なんだかんだで味に問題はありませんでした。
ってことは、もっと水に浸しておけばもっともっと量が増え、同じ
乾燥ひじきに対して食べられる分量がふえるということか!
食費削減につながるか?!どーするおれ、おれどーする?!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。